世界各国は経済活動再開へ舵を切る!日本も後へ続け!

コロナウイルス

行動制限、ロックダウン、地域封鎖など世界はコロナによって苦しめられています。
学校,仕事,遊びは私たち人間の大切なものなのです。
しかし、コロナウイルスはそんなのもお構いなし。問答無用で大切な物を奪っています。
世界はこのままでいいのでしょうか?僕はダメだと思います。(小並感)
『このままでは経済が終わる』と危機感を持っている国々は経済活動再開を目指しロックダウン解除を進めていっているのです。



ロックダウン緩和へと動き出している国

イタリア

参考↓
参考 ロックダウン緩和されたイタリアから(でもまだフレーズ2段階)フィレンツェ観光ガイド片庭みめ ・5月4日から公園が再開、レストランの再開。
・5月18日から博物館、小売店の営業の再開。
・6月1日から飲食店、美容室の営業の再開。
・学校は9月から再開。
 親族を訪問する5月4日から認められ、製造業や建設業も再開できる(対人距離を取る事を条件に)

ドイツ


広さ600㎡以内の商店は4月20日に営業可能。
自動車&自転車、本は規模関係なく再開できる。
美容院は衛生環境(厳しい)規制に従う場合、5月4日から。大きな集会は8月の終わりまで禁止。

アメリカ


経済活動再開
美容院、ボーリング、スポーツジムなどの営業を認めました
ロックダウンにより飛行機に乗る人は96%減少したのでアメリカ政府が航空会社に250憶ドルを寄付しました。

オーストラリア

4週間程ロックダウンを緩和したが、海外への渡航制限が解除出来る時期はまだ分かりません。

オーストラリアのロックダウン緩和をする計画内容

第一段階:最大10人の集まりが許可(小規模の飲食店、小売店の営業が可能)

第二段階:最大20人の集まりが許可(映画館、美術館の営業が可能)

第三段階:最大100人の集まりが許可(国として完全復活。在宅勤務から職場に復帰)

インド


インドではロックダウンを緩和した瞬間に酒場に人が殺到しました。
現場では警察官が警棒を振り回して制圧する姿が見られています。

イギリス


旅行会社、医療関係者、ホテルは厳しい状態ですが何かしら対策をしています。その感謝を示すために旅行制限が解除されたら無料の休日をプレゼントしています。
日本人もこの状況で仕事をしている方々に感謝しましょう。

デンマーク

保育所、学校を4月15日に再開しました。
デンマークはここ最近コロナウイルス感染者が減ってきている事から速やかにロックダウンを解除する方向でいます。

マレーシア


ロックダウン中は通院と食料品の買い出し以外は外出禁止でしたが、ロックダウンは緩和され(厳しい)衛生環境の規制を守るならば
・レストラン、ホーカー、フードコートなどの飲食店
・1部の市場の再開
・コンビニの営業時間夜の10時に延長
など徐々にもとのマレーシアに回復しています。

こうたん

インドの居酒屋&酒場の件はどう対策をしたらいいんだろう。ロックダウンを緩和するのは良いけどまだまだ問題がありますね。



国々の声

イギリスのボリス・ジェンソン首相

コロナウイルスの流行はもう終わった。
ロックダウンを1部緩和する。ずっとロックダウンをしていると国として立ち行かない

トランプ大統領

イタリアのジュゼッペ・コンテ伊首相

5月4日から施行される新しく導入された首相令
製造、建設、不動産仲介、卸売業の再開。公共交通機関はマスクを付けないと利用出来ない。公園は出入口が管理されていればOK。飲食業は宅配サービス、テイクアウトok。スポーツは対人距離を取るならばok。
あまり早く国境閉鎖を解除すると
感染者数が増え、また閉鎖をしなくてはならなくなるだろう。

デンマークのメッテ・フレデリクセン首相

ドイツのアンゲラ・メルケル首相

私たちの国(ドイツ)は4月15日にロックダウン緩和に賛成している。

多くの国がロックダウンの緩和に賛成している

トランプ大統領はワクチンの話と共にロックダウンの緩和についても語っていました。
『ロックダウンを1部緩和する。ずっとロックダウンしていると国として立ち行かなくなる』と。
『国として立ち行かなくなる』という言葉からどれだけ焦っているのかが分かりますね。
イギリス、イタリア、スペインはコロナウイルスによる死者数が3月以降最も少なかった事からボリス・ジェンソン(イギリスの)首相は『コロナウイルスの流行はもう終わった』と述
べた。

メッテ・フレデリクセン首相が言っている事も1理ある

あまりにも早くロックダウンを解除してもまた感染者が増えて閉鎖しないといけなくなる。
要はロックダウンを解除した後に何が起こるのかを考えるとロックダウンを解除するのは怖いという事です。



こうたんの考察

感染者が全くいなくなった訳ではないので微妙ですが、ロックダウンを解除しないと店の経営、学校、運動が出来ないのでアメリカなどの国と同様に緩和に舵を切った方が良いと思います。
引きこもっているのは別にいいのですが、コロナ太り、コロナ鬱などの二次被害が一番怖いです。あと早く旅行に行きたい。泣😥✈
世界はコロナ終息に向けて対策をしているのに日本はまだ何もしていないので一向にコロナ終息の光が見えません。

イタリア仮想旅行
参考 頑張れイタリア!旅行前の豆知識とロックダウンの現状7つのまとめこうたんの地球散歩旅 アメリカ仮想旅行
参考 経済活動再開宣言のアメリカ!コロナ明けアメリカ渡航を考える人へ、旅の準備まとめこうたんの地球散歩旅 スペイン仮想旅行
参考 スペイン風邪って何!?スペインについての現状から旅行に関するまでの7つの事こうたんの地球散歩旅