<2020年9月10日更新!>韓国の最新入国状況とコロナウイルスについて

韓国 ソウル 夜

皆さんこんにちは!地球さんぽ旅のやりみーです!1ヶ月ほど前に韓国ん関する最新情報をお伝えさせて頂きましたが、今回はその情報を更新させて頂きます。韓国に月単位で通っている友人も周りにいましたがそろそろ行きたくて我慢の限界を迎えつつあるようです。。そこで今回は最新の韓国への入国情報とコロナウイルスの状況を完全網羅致します!是非最後まで読んでいって頂ければと思います!よろしくお願いします。



2020年9月10日韓国における新型コロナウイルスの状況

コロナウイルス マスク

2020年9月10日現在の韓国の新型コロナウイルスの状況を解説していきたいと思います。

2020年9月10日の韓国のコロナウイルス感染状況

2020年9月10日の韓国のコロナウイルス感染者数等
  • 累計感染者数:21,743人
  • 死亡者数:346人

韓国のコロナウイルスの状況

韓国では一時期ほぼ終息状態にあると報道がされていましたが、8月の下旬には1日当たりの感染者数が400人を超えるなどコロナウイルスの再拡大に緊張感が走っていました。それから半月が経った現在の1日当たりの感染者数は100人台にまで減っています。しかし感染者数減少のスピードがなかなか上がらないため、まだまだ警戒が続いている状況です。また死者数や重傷者数も徐々に増えて行っていることも懸念事項として挙げられています。

2020年9月10日の韓国のコロナウイルス感染状況まとめ
  • 8月下旬には1日当たり400人以上の感染者を出していた
  • 現在は1日当たり100人台だが重傷者や死亡者も徐々に増えている

現在の新型コロナウイルスに対しての韓国の対応は?

釜山 韓国 街並み

現在もコロナウイルスの再拡大が懸念されている韓国国内ですが、韓国では現在どのような方法で終息、また日常生活の回復を目指しているのでしょうか?次で解説していきます。



現在の韓国国内のコロナウイルスへの対応策

韓国では現在、1日当たりの感染者数に応じた3段階のソーシャルディスタンスの目安を設けています。その内容を以下にまとめます。

1段階目の条件と内容
  • 1日の感染者が50人未満
  • 感染経路不明が5%未満
  • クラスターが減少もしくは横ばい
  • 感染防止の管理下にある比率が80%以上もしくは増加している
  • 日常的な社会経済活動を維持し、感染を抑えるようにする
  • ガイドラインを遵守した上で経済活動を許容する
2段階目の条件と内容
  • 1日の感染者が50人から100人
  • クラスターが持続的に増加している状況
  • 感染者数が1段階レベルへ減少することが目標
  • 不要不急の外出自粛や集会、不特定多数の施設利用を禁止する
3段階目の条件と内容
  • 1日の感染者が100人から200人以上
  • 感染経路不明が急激に増加している状態
  • クラスターが急激に増加している状態
  • 急激な流行拡大を遮断し、感染防止の統率力を回復させることを目標とする
  • 最低限の経済活動のみを許容し、原則的に全活動を禁止する
  • ガイドラインを遵守した上で経済活動を許容する

韓国国内では現在はこのような段階的な目安が明確に定められています。日本と比較するとかなり厳し目であると取れます。

〜〜〜おすすめ韓国食材〜〜〜
韓国料理に加えるだけでより本格的に近づく唐辛子!是非一度お試しを!

韓国に現在入国することは可能??

空港 待合室
ここまで韓国国内の状況を解説してきましたが現在の入国状況はどうなっているのでしょうか?



2020年9月10日現在の韓国への入国状況

現在、韓国への入国は以下の条件が定められています。

2020年9月10日現在の韓国入国のための条件
  • 韓国入国後3日以内に健康に関する診断を受診する必要がある
  • 韓国入国後14日間は自宅もしくは施設にて隔離措置が必要

多くの国や地域と同じように隔離措置が定められているため、なかなか旅行目的の入国はまだまだ厳しい状況ですね。

韓国へのビジネス目的の入国について

一般旅行に関しての目処が立ってない一方、ビジネス渡航緩和に関しての会合が7月22に開かれました。この会合は韓国を含む12カ国を対象に段階的にビジネス渡航を緩和していこうという目的の協議です。

参考 入国制限緩和 中国・韓国・台湾などと協議始める方針 政府

ズバリ!韓国への旅行解禁時期を大胆予想!!

空港 電光掲示板

さて、ここまで見ていただいた通り、韓国ではいまだに入国するためには厳しい条件が課されており一般旅行をすることのできる状況ではありません。みなさんが一番気になっている韓国の旅行解禁ですが、私の予想では今年中は難しいのではないかと考えられます。現在、日本では感染拡大が再び騒がれており距離の近い韓国でもその状況が報道されています。そのようなことからまだ日本人観光客を受け入れない方が良いと思う世間の声が広がっています。非常に残念ではありますが良い状況とは言えません。まずは先ほども述べたようにビジネス目的の渡航から開始し、状況が良くなれば段階的に観光を再開していくという流れです。まだまだ待ち遠しい日々が続きますが観光再開の日を迎えられるよう願うばかりです。

地球さんぽ旅ひろたんが現在チェコに旅行中です!コロナ禍での海外旅行をリアルにお届けしているので是非チェックお願いします!