<2020年8月10日更新>リゾートの王者セブ島【フィリピン】への入国はいつ!?最新情報を徹底解説!

セブ島 海 ボート

皆さんこんにちは!やりみーです!暑い日が続き海に飛び込みたい、そんな気分が続いている人も多いのではないでしょうか。今日はリゾート地の王者セブ島の最新情報をこの記事で完全網羅いたします!是非最後までチェックして行ってください!




セブ島の新型コロナウイルスの現状

セブ島 海 島
ここでセブ島の新型コロナウイルスの現状をみていきましょう。

2020年8月10日現在のセブ島全体での感染者数と死者数
  • 累計感染者数感染者数:17,166
  • 死亡者数:1,003人

以上の数字はフィリピン全体ではなく、セブ島単体での数字ということでかなりの感染者を出してしまっていることが見てとることができます。

セブ島のコロナウイルス感染状況の推移

セブ島の累計感染者数は先ほども見てきた通り、かなり多くの数となっていますがその数はどのように推移してきたのでしょうか?セブ島では3月の中旬に感染者を確認し、そこから様々な対策をとんとん拍子で行ってきましたが感染拡大を防ぐことができませんでした。先ほどもセブ島の感染者数島を見て頂き、かなりの感染者を出していることを確認頂いたかと思いますが、実はフィリピン全体で見てもこれまでで9万人近くの累計感染者数を出すなど比較的多くなってしまっています。また死亡者数も2千人ほどとなっており、国内では混乱が続きました。

セブ島のコロナウイルスの推移
  • セブは早い段階から対策を行ったが感染拡大を防げなかった
  • フィリピン全体でも多くの感染者と死亡者を出している

感染が拡大してしまったセブ島ですが、今現在どのような対応や対策を行っているのでしょうか?次でご紹介していきます。

現在の新型コロナウイルスに対してのセブ島の対応は?

コロナウイルス マスク

現在セブ島ではコロナウイルスに対してどのような対策をとっているのでしょうか。

現在のセブ島のコロナウイルスへの対応策

次に現在のセブ島におけるコロナへの対応策を解説していきます。フィリピンでは日常生活へ戻るための4つの段階を定めました。セブ島は8月1日から8月15日まで4段階中3段階目の「一般的なコミュニティの検疫」というレベルに設定されています。比較的島内での制限は緩和されており、人数が制限された上で様々な活動が再開されてきました。8月15日以降は最も緩和されたレベルになる可能性もあるため、さらなる経済活動の再開が期待できます。

現在のセブ島のコロナウイルスへの対応策
  • 日常生活再開のための4段階のレベルが設定された
  • セブ島は4段階中3段階目に位置しており、徐々に緩和が進んでいる
  • 8月15日以降は4段階目となる可能性もありさらなる経済活動の再開が行われるかもしれない




セブ島【フィリピン】に現在入国することは可能??

検疫 パスポート

これまで見てきたセブ島の現状ですが、今現在入国することは可能なのでしょうか?次で見ていきましょう!!

セブ島【フィリピン】への入国状況

今現在、非常に残念ながら観光目的でセブ島およびフィリピンに入国することは新規ビザの発行を停止している観点から実質禁止されています。しかしながら、8月1日より長期ビザを既に保有している人の入国は再開しており、それに伴って8月以降日本からの航空便も順次本数を減らしながらですが徐々に再開されていく予定です。また、先ほど書いたようにセブ島の経済活動の緩和がさらに進めば観光に関しても新たなステージに入っていく可能性も十分にあるでしょう!




セブ島の最新情報まとめ

さて、ここまでセブ島の最新状況をご覧頂きましたが皆さんはどのように感じたでしょうか。今現在は長期ビザを保有している人のみ海外からの入国を許可する形となっていますが、今後セブ島は観光で持っている島という側面もあるため、フィリピンの他の地域とは別に特別措置が取られる可能性もあるでしょう。このように前向きに考えることもできますが、やはり今後の日本国内の状況にもよることになると思われます。観光の全面再開に向けて地球さんぽ旅では今後も観光情報等もどんどんお伝えしていく予定ですので、是非チェックしてみてください!

空港 飛行機

YouTubeではひろたんがグーグルマップを使ってセブ島の仮想旅も行っています!セブ島の旅行が再開される前にお得な情報をゲットできちゃいます!是非チェックお願い致します!