<2020年8月22日超速報!!>タイ・プーケットが10月から長期滞在観光客の受け入れ開始を発表!!その内容を徹底解説!!

バンコク タイ スクンビット通り

つい先日タイの現状に関する記事を出し、外国人観光客の受け入れは来年以降となると発表されたと記載しましたがここにきてタイ政府は一部の観光客に向けてその門戸を開くことを発表しました!!この発表はタイ好きにとっては待ちに待った嬉しいニュースではないでしょうか!!そこで今回はタイ政府が発表知った入国の緩和条件等をこの記事にて徹底解説致します!是非最後まで読んでいただきタイ旅行への準備を進めましょう!!

スポンサー記事



8月22日時点でのタイ国内の新型コロナウイルスの現状

コロナウイルス マスク

まずはタイの現状を確認していきましょう!!

8月22日現在のタイ国内の新型コロナウイルス感染者数等まとめ

2020年8月22日現在の感染者数と死者数
  • 累計感染者数感染者数:3,390人
  • 死亡者数:58人

タイ国内での新型コロナウイルスは相変わらず出ておらず収束状態といって良いでしょう!

スポンサー記事



8月22日現在のタイ国内の状況

タイではニューノーマルと呼ばれる独自の日常生活を取り戻すための規定を定めて国民がそれに沿って生活をしている現状です。また、タイ政府は8月19日に現在発令されている非常事態宣言を9月末まで延長することを決めました。この措置については更なる延長がなされる場合もありますので今後も情報を更新していきます!!

タイが推進するニューノーマルの内容

前回の記事でも記載しましたが、タイが推進するニューノーマルの内容が以下の通りです。

タイが推進するニューノーマルの内容
  • ソーシャルディスタンスの確保
  • マスク着用義務
  • こまめな手洗いの徹底
  • 蜜を避けること

引き続き以上のようなニューノーマルの内容となっております!

スポンサー記事



8月22日時点のタイの入国制限等に関する情報

検疫 パスポート

8月9日時点のタイへの入国状況

タイは以下の条件を満たすことで、国籍を問わず入国可能と発表しています。

入国の条件
  • 72時間以内に陰性証明を受けその証明書を提出しなければならない
  • タイに入国する際にPCR検査を行うこと
  • ホテル等での14日間の隔離を自費で行わなければならない
  • コロナに感染した場合にその治療費をカバーできる保険に入国前に加入していること

依然として観光での入国は実質不可能です。

スポンサー記事



10月から観光客の受け入れを開始!?

バンコク ワットアルン バンコク
ここで最も気になる観光客の受け入れについて、徹底解説していきます!!

10月よりプーケットへの一部の観光客受け入れを再開!

昨日、2020年の8月21の金曜日にタイ政府は10月からプーケットへの長期観光者向けに入国を緩和すると発表しました。
以下にその内容をまとめます。

タイ・プーケットへの入国条件
  • 10月より長期旅行者のプーケットへの入国を許可する方針
  • プーケットに30日以上滞在する者に限定
  • 入国後宿泊施設での14日間の自主隔離が必要
  • 14日間の隔離期間はホテル内やホテルのプライベートビーチに関しては移動可能

スポンサー記事



超速報まとめ

飛行機 機内

タイ・プーケットへの入国速報まとめ

今回、ついに対政府から観光客受け入れの言及が発表されました!上記の制限を見るとかなり限定的にも見えますがノマドワーカーなどの層では早くもその動きに注目する人が増えてきています。まだ正式に合意がされたわけではありませんので今後の動きに注意が必要ですが今後の全面的な旅行解禁に向けて大いに期待できる内容となっています!新たに情報が出た場合は地球さんぽ旅でも取り上げますのでお見逃しのないようにお願い致します!!

YouTubeもぜひチェックしてください!