アメリカの最新入国情報とコロナウイルスについて徹底解説!<2020年9月2日最新!>

ニューヨーク 空撮 アメリカ

さて、最近は我らがひろたんがチェコへと旅立つなど、ほんの少しではありますが海外旅行が再び動き出してきた実感があります。その一方で旅行代理店で勤務する私の周りの企業で徐々に倒産するという事例も出てきており依然として厳しい状況が続いています。今回はコロナウイルスが深刻な状況に陥っていたアメリカについての最新情報を旅行業界の人間の視点で徹底解説いたします!あなたの疑問をすっきり解決しますので最後まで是非読んでいってください!



9月2日時点でのアメリカ国内の新型コロナウイルスの現状

コロナウイルス マスク

9月2日時点でのアメリカ国内の新型コロナウイルス感染者数等まとめ

2020年9月2日現在の感染者数と死者数
  • 累計感染者数感染者数:608万人
  • 死亡者数:18.4万人

上の数字からも見て取れるように感染者、死亡者数ともにこれまでご紹介してきた国や地域の数字とは桁が違います。そんな深刻な状況にあるアメリカですが、現在の国内の様子はどのようになっているのでしょうか?次で解説いたします!



2020年9月2日現在のアメリカ国内の状況

現在はもちろん完全に日常生活に戻っているということはありません。各州ごとに様々な規制が設けられていますしそれでも感染の拡大がなかなか落ち着かないという状況でまだまだ厳しい状況と言えます。また学校を一部で再開したところ子供の間で感染が広がるなどの事例も報告されているようです。

9月2日現在のアメリカの入国制限等に関する情報

検疫 パスポート



9月2日現在のアメリカへの入国状況

アメリカは日本からの入国に関して以下のような要件を定めています。

日本からアメリカへの入国の条件
  • 入国を14日間は宿泊施設での自己隔離が義務付けられている

上記の他にも各州ごとに規制が定められたり、またアメリカ国内であっても州間の移動に制限が設けられている事例もありますので十分に注意が必要です。



航空会社の運航状況

飛行機 機内

航空会社の状況

現在日系のJALとANAの運航状況ですが一部の路線で減便をしながらの再開は行われている状況です。また一部の外資系航空会社では日本発で運行会社の国の空港を経由し、アメリカへ渡航ができるとして空路再開をアピールしている例もあります。いずれにせよ全面再開には程遠い状況と言えるでしょう。



アメリカ旅行関連情報まとめ

空港 飛行機

9月2日時点のアメリカ情報まとめ

ここまで読んでいただいたようにアメリカは依然として厳しい状況にあることは事実です。旅行の再開というのもまだまだ先というのが大方の見方でもあります。しかしながら日本経済にとってはアメリカ経済を切り離して考えることはできないため、相互の経済的な面での往来再開を第一段階としてそこから旅行再開への糸口を見つけていく他はないかもしれません。なかなかアメリカと一言で言っても州ごとの政策があったりとこの先の全体像を掴んでいくのはなかなか難しいことではありますが、地球さんぽ旅では今後もしっかりと情報を追っていきますので是非ともチェックをお願いします!

ひろたんがついに海外旅行へ!現地チェコからの様子をお届けしていますのでYouTubeも要チェックです!